眼精疲労博士の現代病の眼精疲労
の効果的な対処法とは

眼精疲労は頭痛を引き起こす場合もあります

パソコンやスマートフォンやゲーム機器の普及で、
昔よりも目を酷使する人が増えてきています。

目を酷使しすぎると、目が乾いたり、しょぼしょぼしたり、
ピントが合わせづらくなったり、目に何か異物が入っているようにごろごろしたりというように、
目に様々な症状が出てきます。これを一般に眼精疲労と言います。

眼精疲労は直接的に目の疲れを感じるだけではなく、時に頭痛や吐き気、
不眠、肩こり、イライラ感など様々な身体的心理的不快感を伴います。

これが更に進むと、ストレスから神経症を引き起こすこともあります。
現在頭痛やイライラ感など不定愁訴的な問題を抱えている人も、
原因を突き詰めると眼精疲労が原因の場合も多くあります。

眼精疲労

眼精疲労を起こさないためには、目を酷使している生活習慣を自覚し、
これを回避することです。

パソコン作業やゲームなどをする時は、1時間ごとに10分の休憩を挟むことや、
正しい姿勢で読み書きをすること、明るい場所で作業をすること、
自分の視力に合った眼鏡やコンタクトレンズをつけること、
ディスプレイ画面を目線のやや下に置くことなど、
正しい習慣を身につけることで眼精疲労をかなり軽減させることができます。

目の休憩中に遠くの景色を見ることは、目の疲労回復に効果があります。
また、目の休憩中に蒸しタオルや専用グッズなどで目と目の周りの筋肉を
暖めることで、目の疲労回復を促すことが出来ます。睡眠を良く取ることも効果的です。