眼精疲労博士の現代病の眼精疲労
の効果的な対処法とは

眼精疲労が引き起こす目の病気とは

現代人の生活にはモニターが欠かせないと言って良いでしょう。
携帯電話やスマートフォンの普及で、いつでも小さな液晶を持ち歩けるようになり、
いつでもどこでもモニターを見つける生活をしています。

特に液晶モニターからはブルーライトという目に刺激を与える光線を受けていますので
大変目の疲れがたまってしまうのです。

その疲れを解消せずにそのままモニターを見続ける生活をしていると、
眼精疲労に陥ってしまうことがあります。
この眼精疲労は放置しておくと視力低下や目の病気も引き起こしてしまいかねない怖い症状です。
たかが眼精疲労と甘く見ずに、目が疲れたと思ったら直ぐにケアするのが良いでしょう。

もっとも手軽で効果があるのが目を温めることです。
市販の目専用のホットパックは電子レンジで温めることで
適度な温度が長続きするすぐれたアイケア製品です。

蒸気が出るものもありますので目を潤わせながらしっかりと温めて血行促進することができるでしょう。
またこうした温めは自宅でも簡単に行うことができます。
固く絞ったタオルを電子レンジで温めて、目に乗せればホットタオルで
目の血行促進をすることができるでしょう。

また、ツボ押しも目の血行促進に有効です。
目の周りには頭蓋骨のアイホールがありますが、これに沿って軽くマッサージすると
目の周りのツボを刺激して血行促進することができます。
こうした目が疲れた時に行う地道な血行促進が目の疲れを癒し病気を予防してくれるのです。