眼精疲労博士の現代病の眼精疲労
の効果的な対処法とは

眼精疲労などが原因となる肩こり

現代社会は非常に目を酷使する社会であり、眼精疲労が深刻なのです。
職場や学校ではパソコンを用いて作業や仕事をするのです。

そのため朝から夜まで常にパソコンのモニターと向き合っている人も少なくありません。
また仕事や学校が終わればプライベートでスマートフォンでコミュニケーションをしたり
ネットを使うのです。

そのためプライベートな時間もスマートフォンのモニターを見続けているのです。
そのため現代人の目は非常に酷使され、休まる時はほとんど無いと言っても過言ではないのです。

特にパソコンでの作業が長時間の人は過度な眼精疲労に陥るのです。

パソコンモニターの光は目にとって強烈な明るさであり、目にとってよいものではありません。
また視神経を使ってばかりなので、首の付け根の神経や筋肉が強張り肩こりを引き起こすのです。

またパソコン作業は重い頭を少し前倒しにし、肩をすぼめて猫背で作業することになるのです。
こうした姿勢は肩こりをますます悪化させてしまうのです。

こうした肩こり解消のためには、一番には眼精疲労を取るように努めることが大事です。
一時間モニターを見続けたら休憩し、5分から10分程度目を閉じて休めることが大事です。

そうした暇がない場合はモニターから目を離し、遠くの景色や緑を見るだけでも視神経の緊張が
緩和し、そのことで肩なども凝らないのです。

また自宅に帰れば目の上をホットタオルなどで温め血行を良くするのも効果的です。
またパソコン作業の合間に、肩や首をグルグル回すだけでも首や肩の血流がよくなって肩こりを
緩和することができるのです。